1965年9月20日生まれ

173cm 62kg 

 

主な記録
【健常者】

800m   2’06”4  (手動)千葉県中学総体優勝
800m   2’02”5(手動)高校1年生
400m   50”2 (手動)高校2年生
400mH 54”8   (手動)高校2年生*千葉県新人戦優勝(大会タイ記録)
       55”01(電気)高校2年生*ジュニアオリンピック5位

【障害者】
2006年  T46クラス 三段跳び    日本記録樹立 11m28cm(当時)

2007年    T46クラス 走り幅跳び 日本記録樹立    5m71cm(当時)

 *関東マスターズ選手権にて樹立し公認される*当時(大会最優秀選手受賞)
2013年   千葉マスターズ M45クラス 三段跳び 千葉県記録更新
 *障害者が健常者(マスターズ大会)の県記録を更新する快挙達成

【自己記録】

100m  12”34                  2007年  全国障害者スポーツ大会(秋田)
200m  25”37(+2.3)   2006年    千葉マスターズ選手権
走り幅跳び 5m90cm        2012年    千葉県クラブ対抗
三段跳び  12m32cm          2013年    関東障害者陸上選手権

 

高校時代陸上部にて、インターハイ出場(1600mリレー)、ジュニアオリンピック5位入賞(400mH)など。

高校卒業後、実業団で競技を続けるも諸事情にて競技から離れる。

その後、様々な仕事を経験するも競技とは無縁の生活を送る。

 

2003年

障害者となる。

37歳時、ベルトコンベヤーに巻き込まれ左上腕部より切断する。
再接着に成功するも機能全廃。

荒れた時期を過ぎその後、障害者陸上競技に出会い現在に至る。

 

三段跳びにてロンドンパラリンピック出場を目指すもB標準記録突破に留まり出場ならず。

2006年
T46クラス 三段跳び 日本記録樹立 11m28cm(当時)

2007年
T46クラス 走り幅跳び 日本記録樹立 5m71cm(当時)

*関東マスターズ選手権にて樹立し公認される(大会最優秀選手受賞)

 

2012年

アジアマスターズ選手権(健常者)M-45クラス 
三段跳び 2位、走り幅跳び 3位。

 

 

2013年

千葉県マスターズ陸上(健常者)M45-クラス 三段跳びで県記録を20年振りに更新。
*障害者が健常者の記録を更新するという快挙。

 

2014年4月

離婚成立

 

その後、「一日だけ、他の誰かの人生を “another life”」のインタビューを受け、自分の中に眠っていたやりたいことを再認識しアジアでの活動を強く思い始める。

 

2014年12月

ADDP(NGO)に巡り会う

 

2015年1月

ADDPの一員としてラオス全国障害者スポーツ大会の視察へ同行。

 

 

2015年3月

特定難病「多発性筋炎」を発症

2ヶ月間の入院治療後、1ヶ月の自宅療養を余儀なくされる。

 

 

2015年6月

5年間勤務した会社を退職。

10月からのラオスでの活動へ向け、国内での最終調整に入る。

 

 

2015年11月

ラオス赴任。

ASEAN Para Games@Sigapore大会へ向け強化練習指導。

同年12月
ASEAN Para Games@Sigapore大会にて指導中の選手が※銅メダルに輝く。
※ラオス障害者陸上競技史上初の快挙(Women T13 400m)

2016年9月
アスリートソサエティによる障害者・健常者合同のインクルーシブ陸上教室(クリニック)開催

2017年1月
アスリートソサエティによる第2回目のインクルーシブ陸上教室(クリニック)の開催


2017年9月
ASEAN Para Games@Malaysia大会 コーチとして帯同。
T12 100m(※4位)/ 200m(4位)両種目にてリオパラリンピックB標準記録突破
※ 3位と同タイムの着差あり

2018年3月
パラ駅伝 in TOKYO 2018 
国外初招待国としてラオスが招待され、監督として引率。

2018年9月
アスリートソサエティによる第3回目のインクルーシブ陸上教室(クリニック)の開催
&義足の現地調査。

2018年10月
ASIA Para Games@Indonesia大会 コーチとして帯同。
M T13 100mにてリオパラB標準記録突破(11”78)